クラブプロフィール

パサニオール誉田FCは、1996年創設の平山小の児童を中心とするパサニオール平山SCと1997年創設の誉田東小を中心とする誉田FCが、2001年から2002年共通の登録名(パサニオール誉田 FC2001)として登録を一緒とし、2003年より誉田小学校での練習を本格化させたと同じ年、正式な統一チームを(パサニオール誉田FC)としてスタートしました。

活動は、選手たちの保護者やОB等を中心としたボランティアに支えられて運営しており、現在では千葉市緑区・市原地区だけでなく周辺の小学校からも幼稚園、1年~6年で100名を超える選手が集まる地域でも有数のクラブとなりました。2017年度には「第41回関東少年サッカー大会(フジパンカップ)」に千葉県代表として出場しました。

ロゴ


クラブ名のPASANIOR(パサニオール)は、『Pasania』(椎の木)から由来しています。

出場大会・イベント等

パサニオール誉田FCでは、以下の各種大会に参加しております。また、年間イベントも予定しています。

■主な大会

1年~3年 千葉市少年ミニサッカー大会
1年~6年 緑区大会
1年~6年 千葉市スポーツ連盟ミニサッカー大会
1年~6年 千葉市長旗杯ミニサッカー大会
1年~6年 スポ連ミニサッカー大会
3年~6年 千葉市少年サッカー大会
3年~5年 千葉県少年サッカー大会
6年 千葉市小学生大会
6年 全日本U-12サッカー選手権大会
6年 チバテレビ杯争奪千葉県サッカー選手権大会
その他に、各学年で各種招待試合に参加しています。

■年間イベント
夏合宿、年末親子サッカー 等

■見学及び体験は随時受付しています!
見学及び体験は随時行っています。ホームページで練習場所を確認いただき、直接会場にお越しください。(ただし確認の為、代表へ連絡してからが確実です。)

基本方針

クラブ理念『長期的視野に立った選手の育成』

目先のその時々の勝利ではなく、一人の選手が自立期においていかに大きく成長するのを第一の目的とします。特に、サッカーにおけるジュニア(小学生)からジュニアユース(中学生)に進学する段階には、それぞれの進路に向かって更なる競争の中に身を置く環境になります。サッカーを通じて、選手としてだけでなく、一人の人間として、社会や環境に適応する能力を身に着けることも目的とします。

次のステージで、どこのチームに行っても自分の能力を最大限発揮し、チームに適応し高いレベルのプレーができる選手を育成することを目指します。

規約


パサニオール誉田FC規約

→ 規約を見る

指導理念


子どもたちのやってみたいという好奇心をくすぐり、体を動かすことが楽しいと思えるトレーニングを中心に、サッカーのスキルに限らず、運動能力全般の土台作りを目指します。

トレーニング内で設定したさまざまな課題にチャレンジしクリアすることの大切さを学びながら、積極的に個によるドリブルを仕掛けさせ、どんな相手と相対しても負けることのないように基礎技術の習得を目指します。

トレーニング・試合を通じて、各選手に応じたチャレンジ意欲と競争意識を促しながら、実践的な技術の向上と判断力を身に付け、サッカーというチーム競技の理解を意識することを目指します。

次へのステップアップを見据え、個人技術と共にグループ戦術への理解をさらに深め、自身の行動やプレーに責任を持たせ、考えながらプレーをする習慣を身に付けます。

スタッフ紹介

(役 員)(コーチ)

2020年役員コーチ名簿